人気のカーシェア『Anyca』レンタカーとの大きな違いは〇〇にあった!

Anyca
車をシェアするするサービスにより、貸したい側と借りたい側が需要と供給と結び付けられ、ともに得をしているという状況があります。

そういったカーシェアリングサービスの中でも、特に魅力的な存在なのがAnyca(エニカ)です。
カーシェアリングサービスというのはいくつかありますけど、Anyca(エニカ)ならではの特徴というのもあるので、その点を知っておくようにしましょう。

 

カーシェアオーナーのメリット

車のオーナー
車を貸す側であるオーナーにとってのメリットについては、実際に自分の持っている車を貸しだすまでに発生する手間の小ささがあります。
Anyca(エニカ)に自分の車を登録して、シェアをするための条件を決めておけば、あとは借り手が見つかるまで待つだけです。

借り手を自分で探すことが必要ないですし、利用するための手間はほとんど必要ないということになります。
だから、自分が持っている車を使わないタイミングにおいて、誰かに貸し出せば車の空き時間を有効に使って、手間をかけることなく収入を得ることができるのです

 

カーシェアユーザーのメリット

ドライバー
Anyca(エニカ)を通じて車を借りる側のメリットとしては、自分が乗ってみたいと思える車種を選ぶことがしやすい状況というのがあります。

乗りたい車を選ぶことができるというのは、レンタカーでも存在する部分ではあります。
しかし、レンタカーというのはそもそもその車を貸しだすということが目的で集められた車ばかりです。
つまり、乗ってみたいという需要がある程度大きいような車種ばかりが集められていると言っても過言ではありません。

 

カーシェアとレンタカーの大きな違い

スーパーカー
当然、レンタカーもビジネスとしてやっているサービスですから、需要が低いと思われる車を用意するというのは、コスト的にマイナスなのです。
レンタカーを通じて実際に選ぶことができる範囲が広いとしても、それは需要が高い車であることが多く、逆に需要が低いと思われるマニアックな車は乗ることができないと言えます

しかしながら、Anyca(エニカ)の場合には実際に車を貸すのは個人ということになりますから、その個人はビジネス目的で車を買っているわけではありません。
自分が乗りたい車という動機で買っているので、マニアックな車を所有している人もいるということになります。
ここがレンタカーとの違いになり、Anyca(エニカ)のようなサービスを利用するときの魅力になるのです。

 

カーシェアエニカの登録台数

Anyca登録車両
Anyca(エニカ)というカーシェアリングサービスは、やっぱり利用者がとても多いという点が特徴になります。
Anyca(エニカ)に登録されている車の数は2019年の時点で7000台を超えている状況です。
それだけ多くの車が用意されているということであり、候補となる車が非常に多いということは、その中にメジャーではないような、ちょっとマニアックな車を含まれている可能性が十分にあるということです。

自分の乗りたい車がレンタカーに存在している場合には、そちらを利用しても良いかもしれないですけど、レンタカーではなかなか借りることができないような車種を求めている人に関しては、Anyca(エニカ)は非常におすすめであると言えるのです。

借りる場合に関しても、自分が好きな車種に乗りたいというのは誰もが考えることですから、そういった部分を実現しやすいのがAnyca(エニカ)なのです。

 

Anycaの保険

車のオーナー、ユーザーともに気になるのはやはり保険に関してです。
ユーザーは、利用すると同時に保険に自動的に入るような仕組みになっています。
Anyca(エニカ)では、損保ジャパン日本興亜、もしくは東京海上日動の1日自動車保険というサービスがあるのですが、これに加入をする体制となっています。

したがって、保険や安全面に関しては非常に充実している、安心して利用ができる状況になっています。
さらには万が一故障したとか、事故に遭ったなどというときにはこれらの会社が24時間365日常に対応してくれることになっています。
ロードサービスがついているので、もしものときに対する備えとしてもかなり万全という評価ができるのです。

 

オーナーユーザーのコミュニティー

車の貸し借り
そして、Anyca(エニカ)では借り手と貸し手をともに評価しあうシステムが存在しているので、そういった部分での評価という概念があるということです。
車を借りる側にとってはどんな貸し手なのか?貸す側にとってはどんな借り手なのか?というのがかなり気になるはずですが、この評価をもとに決めることで、信頼できる人から借りる、信頼できる人に貸すということが可能になるのです。

やっぱりこういった部分での安心が確保されていないと、サービスを利用する気が起きないということは言えるでしょう。
借り手、貸し手どちらにとっても有益と言える面が存在しているのはAnyca(エニカ)の信頼感に関係していますし、多くの人に利用してもらいやすいカーシェアリングサービスと言える根拠になるのです。