コスメのベースとなる化粧水、自分の肌に合う選び方

自分に合うものを選ぶ

肌の状態を保つ為に必要になる化粧水は、ご自身の肌の状態に合わせた化粧水を選ぶ事が大切です。そこで化粧水の種類や、自分に合った化粧水の選び方等について調べて見ましょう。

【化粧水の種類と特徴】

化粧水は、肌の保湿や肌の滑らかさを守る為多くの人が使用するコスメの1つです。

そんな化粧水にも様々な種類が有り、自分に合った化粧水を選ぶ事が大切です。

一般化粧水・・・肌荒れを防ぐ為に80%程度の水にアルコールやグリセリン、乳化剤や香料等が配合されている化粧水で、多くの人はこの一般化粧水を使用しております。

柔軟化粧水・・・アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲン等が配合されたもの。

収斂化粧水・・・アルコールを多く配合し肌の引き締め効果が有ります。

美白化粧水・・・シミやそばかすを防ぐ効果があります。

植物性化粧水・・・へちま等の植物成分で肌に潤いを与える。

【自分に合った化粧水の選び方】

春や秋等の季節の変わり目は、温度や湿度の急激な変化によって肌トラブルを起こし易い季節と言え、日頃使っている化粧水が肌に合わなくなる等の問題が起こる場合が有ります

その為、自分の肌に合う化粧水を見極める必要が有ります。自分の肌に合う化粧水の選び方、自分自身で出来るセルフチェック方式や、ドラッグストア等の店舗で行えるパッチテスト等で行う事が出来ます。

セルフチェックやパッチテストは、自分自身の肌のタイプを理解する事と、使う化粧水で肌トラブルを起こさないかを確認する事に有ります。

肌のタイプは、普通肌や混合肌、脂性肌や乾燥肌、更に敏感肌の大きくは5つに分類する事が出来ます。

自分自身でセルフチェックを行う場合は、洗顔後5から10分間は化粧水等を付けず放置しておく事で、自分の肌タイプを知る事が出来ます。

一方、パッチテストは化粧水のテテスターを手の甲に付け、化粧水の馴染みや肌荒れが起こるかの確認を行い、肌荒れや赤みが出ない化粧水を選ぶ事が大切です。

【まとめ】

化粧水は、自分の肌に潤いを与える事は勿論ですが、肌トラブルを防ぐ目的も持っている事から、自分の肌に合った化粧水を選ぶ事が大切です。その為、化粧水を選ぶ場合は安易に妥協する事無く、セルフチェックやドラッグストア等に相談しながら自分に合った化粧水を選びましょう。